早稲田理工に高専編入した人の覚え書き
xxSEARCHxx
プロフィール

Zot

Author:Zot
田舎の高専
  ↓
早稲田大学理工学部

早稲田を狙う高専生の方向け
早稲田理工には編入生会がなく、僕1人でやってます

ozin7787あっとyahoo.co.jp
質問等あれば何でもどうぞ
たまにチェック致します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

最近の記事


スポンサーサイト 

--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

高専から早稲田大学への編入学体験談 

2013/03/07 18:06/Thu
田舎の高専から早稲田大学基幹理工学部へ編入したものです。

僕が早稲田大学を目指したときには、とにかく情報が少なくて苦労しました。
早稲田大学理工に編入を志す高専生の助けになれば…と思い、この記事を書いた次第です。

高専時代の成績はお世辞にも良いとはいえませんでした
所属高専の入学偏差値の一番高い学科で5年間ずっとC~Dランクをうろうろしてました(23/40~34/40くらい)
再試験に引っかかったことも何度か…(留年だけはギリギリしませんでした)
高専4年次1月でのTOEICは600(リス250:リード350)
 
もともと数学が好きで高専に入ったのに、面白い数学を高専ではやらないのに嫌気がさして3年の後半あたりから理学部数学科を目指しました
…が、いくつか大学を受けて全滅、ここで数学の道を諦めました
担任の怒号と研究室の仲間の憐れみのなか、早稲田大学が残っていることを知りました
そのとき12月、早稲田大学の編入試験は2月終わり
数学の次に好きな機械科学を志すことにし、早稲田対策を始めました

・数学:もともと数学科志望だったので特に対策はしてないです、もっというなら何もしてない
     早稲田理工の数学はそんなに難易度高くないです(数学科、応用数理学科は別)
     ただ、僕が受けたときは傾向がひっくり返りました、それに対応できるかが勝負の分かれ目だったと思います
     数学は高専の教科書をしっかりやって、徹底演習を完璧にしておきましょう
     ただ、応用数学は出ないようなので、全問やる必要はないみたいです
     とにかく、徹底演習が難しく感じているうちは教科書をやりましょう、何よりも基本が大事です
     教科書を全問何も見なくてもスラスラ解けるくらいが最低限です
     早稲田の数学は難しくなくても舐めてかかると死にます

・英語:早稲田の英語難しいです、時間はないし、高い語彙力が問われます
     DUOを10周と、英検準1級の対策本をやり込みました
     ただ、それでもさっぱりでした
     普段からTIMEやらCNNやら読んで長文慣れと語彙増強につとめましょう
     僕はTIME FOR KIDSを毎朝必ず読むようにしました
     高専生は英語が苦手な節があるので、なおさら英語はやっておきましょう
     文法もやっておくと点数につながると思います

・力学:僕の受けた専門科目は力学でした
     僕は数学大好きっ子で、物理はマジでさっぱりわかりませんでした
     運動方程式?エネルギー保存則?モーメント?力のつり合い?…てな感じ
     3か月で力学をゼロから完璧にするために、とにかく基礎を固め続けました
     高専の物理の教科書→演習力学→工業力学の教科書という感じ
     本当に苦しかったです…
     演習力学は最初の数学の部分と解析力学、総合問題には手をつけてません
     工業力学の教科書では並進運動と回転運動とエネルギーのトコだけやりました
     まぁ力学は本番で滑ったんですけどね…w
     
        1
        111

3か月でノート13冊を消費しました
周りはみんな就職先や進学先の親睦会とかに出て外と交流をしてるのに、僕だけひたすら勉強の日々でした
マジで泣きながら勉強してましたよ


で、実際の試験について
僕が受けた時は3年次編入、学士編入、転科合わせて24人いました
機械航空が一番受験者多かったですね、8人くらいいたかな
合格者は全部で8人でした
そのうち機械航空は2人
どの学科もまとめて一つの教室でやるのでちょっとごたごたします
集中力がとぎれとぎれになります、ちょっと注意
筆記のときはスーツ姿が半分、私服が半分といったところ
僕は筆記は私服でいきました

面接は全員スーツでした、当たり前ですか
学科ごとに分けられて面接します
一人当たり15分くらい
面接官が8人くらい
志望理由やいままでやってきたこと、これからやりたいこと、院にいくか否か…といった定番の質問に加えて、高専の卒論について口頭試問チックな質問もきました
希望の研究室は決めておくと面接で盛り上がるかも

「…フムフム、君の卒研で新たに分かったこととかは何?」
「ハイ!私がまだまだ勉強不足だということがハッキリしました!」

とかいうやりとりもしました
分からない質問には、「分かりません、勉強します」で貫きました(口頭試問は全部これで乗り切った)
志望理由や志願書についていっぱいダメ出しを頂きました、心が折れました


…とまぁ、こんなトコかな
高専はどうしても国公立大学偏重なカンジがするけど、私立っていう選択肢もあるよってことで

スポンサーサイト
CATEGORY:未分類 | CM(11) | TB(0) |
xx HOME xx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。